デート

初回デートで男性が気を付けるべき6つのポイント

更新日:

初回デートで男性が気を付けるべき6つのポイント

婚活で成功の明暗を分けるのは、初回デートです。初回デートが上手くいけば、そのまま結婚までの道のりもスムーズにいきます。でも初回デートで失敗してしまうと、そこから何も進まずに終わってしまいます。2回目のデートはないでしょう。

では婚活のゴールである結婚をするために、初回デートで男性が気を付けるべきことはどんなことなのでしょうか。

今回はポイントを6つに絞って、初回デートで気を付けることを紹介します。初回デートが上手くいくようにチェックしてください。

 

ポイント1:女性のペースに合わせる

相手のペースに合わせる

初回のデートは男性にとって勝負の1日です。頑張ってデートプランを考える人も多いでしょう。もちろんデートプランはある程度考えておく必要があります。ノープランで当日を迎えてしまうと、スマートなデートになりませんからね。

しかし細かいデートプランを作成してしまうと、男性のペースで女性を引きずり回してしまうことになります。デートプランはランチ予約と映画の時間を調べる程度にしておきましょう。あとは当日の女性のペースに合わせて動くようにするのがベストです。

女性がヒールを履いてきていたら、あまり歩きすぎると疲れてしまいます。少し足が痛そうに思えたら「カフェで休憩しようか」と提案してみましょう。

女性がお店の中を見たそうにしていたら「中入って見てみる?」と提案してみましょう。

常に女性の意見や表情を気にして、女性のペースに合わせてデートをするのです。そうすると女性にとって無理のない居心地の良いデートとなります。自分のペースで行動しないように気を付けてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




 

ポイント2:店員への対応も見られている

店員の対応も見られている

 

初回デートは、あなたと女性の二人の時間です。しかし女性への対応ばかりに気を取られてしまうのはNGです。女性がチェックしているのは、自分以外の店員などへの対応です。

例えば、レストランで食事をしているとします。女性の前にあるグラスの水が空になったのに男性が気付き「水追加する?」と聞きます。ここまでは気が利く優しい男性ですよね。しかし店員を呼び「ねぇ、水追加して。」なんて命令口調で言ったら女性はどう思うでしょうか。人によって態度を変え、客という立場で店員に上から目線で命令するというところで「この人には二面性がある」と感じるのです。

そんな人を旦那にするのは、リスクが大きいですよね。女性は初回デートで結婚はないと判断して、音信不通になってしまうでしょう。

デートしている女性はもちろんですが、接する人すべてに謙虚でいましょう。立場や関係によって、態度を変えるようなことはしないでください。自分以外の人への対応を女性は細かくチェックしています。

 

 

ポイント3:焦らずに楽しむことに集中する

焦らず楽しむ

婚活中での初回デートですから、あなたの頭の中には「結婚」という二文字が大きく浮かんでいるでしょう。でも初回デートから結婚の具体的な話を出してしまうと、女性も戸惑ってしまいます。

もちろん女性も結婚を目標に活動をしています。でも初回デートくらいは、純粋にデートを楽しみたいと思うのが女心です。

  • 結婚はいつまでにしたい?
  • 結婚したら仕事は辞めるの?
  • 結婚する時は僕の実家の近くに住むのはあり?

結婚に対する聞きたいことはたくさんあるでしょう。でも初回のデートで、このような質問を男性からするのはやめましょう。

まずは今日という1日を女性に楽しんでもらう。それに集中してください。結婚を考えるのは初回デートでお互いが意気投合した次のステップです。女性が笑顔でいられる1日になるように気を付けましょう。

 

 

ポイント4:結婚したい男 3大力をアピール

結婚したい

 

初回デートは楽しんでもらうことが第一です。同時に、自分を結婚相手として選んでもらうためのアピールもする必要があります。初回デートで女性が「こんな男性と結婚できたら幸せだろうな」と感じてもらえれば、そこから結婚するまでに時間はかからないでしょう。

そこで女性が結婚したいと思う男性の三大力を紹介します。この三つの力をアピールしてみてください。

包容力

結婚するなら包容力は絶対必要です。包容力とは、大きな器で包みこんでくれる大人の優しさです。過ちや欠点なども含めて受け入れてくれる心の広さです。

女性は、男性の包容力を小さなところで感じます。例えば、車の運転をしていて横入りをされたとします。「ちっ」なんて舌打ちをするような男性は器が小さいですね。そこで「どうぞ」という合図を笑顔で出せる人は、それだけで器の大きさを感じます。

小さなことでも、心を大きく広く構えておけるかどうか。ここを女性は包容力として見ています。初回のデートではあなたの包容力をアピールしてください。

経済力

結婚は綺麗ごとでするものではありません。現実的に経済力は必要となります。お金もちである必要はありません、無理にお金があるアピールをする必要もありません。

大切なのは、生活できるレベルの経済力があるかどうか。そして稼いだお金を浪費していないかどうか。この2点です。

結婚しても生活を養っていけるだけの経済力があることを、さりげなくアピールしておくと良いでしょう。

責任力

結婚には責任感が必要です。責任感のない人と結婚してしまうと、妻も子供も放置してしまうからです。自分が家族の大黒柱になるということを重く受け止める責任感があるかどうかは女性にとって、結婚相手を選ぶ重要なポイントです。

責任感もデート中の細かいところで見えるものです。自分が受け持ったことは最後までやり通すことを徹底し、女性に責任感ある男性であることを見せつけましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




 

ポイント5:男らしくリードする

男らしくリード

 

初回デートでは、やはり男らしくリードすることも忘れていけないポイントです。ここで気を付けたいのは、「男らしく引っ張る」のではなく「男らしくリードする」ということです。

 

どこで食事をしようか悩んだとします。二人とも優柔不断で「どうしよう?」と言い合っていては男らしさを感じません。かといって「じゃあ、あそこの中華屋ね。」なんて勝手に決められるのも強引に感じます。そんな時に「和食とイタリアンだったらどっちがいい?」と選択肢を与えます。女性が和食と答えたら「そこにある和食御膳のお店と、隣の駅にある和食海鮮のお店どっちがいい?」とさらに絞り込む選択を与えます。

 

上手く女性の希望を誘導して、男性としてリードしてエスコートしましょう。それが女性にとっての気持ちの良いデートとなり、男らしい頼もしさも感じてもらえるのです。

 

ポイント6:いい旦那になりそうと思わせる

良い旦那アピール

 

婚活で出会った女性との初回デートは、通常の恋人同士の初回デートとは少し異なります。それは、「結婚を前提にしている」ということですね。

 

付き合うためではなく、結婚するために出会ったわけです。初回のデートでは、いい旦那になりそうだと女性に感じてもらうことが必要です。

 

会話の中に「家事が得意アピール」や「子供大好きアピール」を盛り込んでおきましょう。過剰な結婚アピールをする必要はありませんが、なんとなく将来の家庭が見えてくるような話をしてください。自然な形で女性にいい旦那になりそう感を刷り込んでおくと、デートが終わった後に「あの人とまた会いたい」と思わせることができるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




 

 

まとめ

初回デートで男性が気を付けるべきことはたくさんあります。でも気を付けることばかりに気を取られてカチカチになってしまっては本末転倒ですね。

ある程度の注意事項をチェックした上で、あとは「楽しむこと」「楽しんでもらうこと」を第一に考えるのが良いでしょう。その延長にあるのが結婚というわけです。

初回デート、女性の心を掴めるように頑張ってくださいね。

 

【必見】30代から幸せな結婚をつかむ2つの方法

トラ美(38)
30代から婚活始めたんですが全然良い出会いが無いんです(泣)
30代から婚活をはじめたなんて遅い!遅すぎる!30代から結婚できるのはわずか数%とも言われてるんじゃぞ!
パンダ師匠
トラ美(38)
もう私は幸せな結婚はできないんでしょうか…?
安心せい!これから多くの30代が幸せな結婚をした2つの方法を伝授する。
パンダ師匠
トラ美(38)
ぜひ教えてください!
この記事を読むんじゃ。5分で読める内容だからしっかり学ぶんじゃぞ。
パンダ師匠
 

>> 多くの30代が幸せな結婚をした2つの方法 <<

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-デート
-, , ,

Copyright© がけっぷち婚活道場 , 2017 All Rights Reserved.