婚活疲れ

うまくいかない婚活に疲れた、そんな時見直したい3つの事

更新日:

繰り返す婚活、けれどいい人がいない…。

そんなことを繰り返していくうちに、心も体も疲れてしまっていませんか?真剣に探せば探すほど、いい人を見つけることができないと、当然疲れてしまいがちです。ですが、もしかしたらその婚活、「間違っているから」疲れてしまうのかもしれません。

もう一度前向きに婚活を頑張るために見直したい、三つのことをご紹介します。婚活に追い込まれて、自分で自分の首を絞めていませんか?間違いを見直すことによって、疲れていた婚活が楽しくなるかもしれません。明るい未来のためなのですから、婚活も少しでも楽しいものにしましょう!

 

相手に求める条件への考え方を見直す

条件を見直す

結婚ともなると、どうしても毎日相手と一緒にいないといけないものです。

なので、条件が増えていくのは仕方がないことなのです。金銭状況、性格、趣味…。中には「身長は175以上ないと!」「顔は向井理に似た感じがいい」なんて具体的な例を持っている方もいるのでは?どこまで求めるかは人それぞれですが、結婚に求める条件、もとい理想は、言い出せばきりがないほどです。条件が合わなかったら即恋愛対象からシャットアウト…なんて人もいるでしょう。
一度その考えを辞めてみましょう。

すべて条件を消さなくてもいいのです。少し絞ってみましょう。結婚したら大事なことは「どれだけ相手を許せるか」という言葉は、よく聞くことですね。つまりあなたの結婚相手に相応しいのは、「あなたが許せる人か」ということでもあります。

好きになったら多少のことは許せてしまうものなのです。

なので、好きになる前から「許せないこと=条件」で相手を厳選してしまうのは、非常に勿体ないことです。知り合ったばかりの今の相手では許せないと思うことも、好きになってみたら許せることになる可能性は大いにあります。また、「恋人」という関係になったら、話し合いで解決することもできるでしょう。

まずは条件を付けて相手を厳選してしまう前に、少し勇気を出して踏み出してみましょう。始まる前から終わらせてしまっていては、せっかくの出会いがもったいないです。付き合う前は許せないと思っていたことも、よく考えればどうでもよかったな、なんて考えになることもありますから。

 

自分と相手のスペックを比較することを見直す

相手と自分のスペックを考える

婚活をしていて理想を持つと、同時に自分のスペックを気にしてしまうもの。例えば高収入、イケメン、美女、スタイル…。そんないわゆる「高スペック」の人は、同じくらいの人を探してしまいがちです。

逆に、ちょっと顔に自信のない人などは、「自分なんかがこんなイケメンと付き合うなんて…」と、こちらも自分のスペックを気にして同じくらいの人を探してしまうでしょう。

人それぞれ収入や顔、スタイル、話し方、考え方などは違うものなのですから、自分と同じスペックの人を探して幅を狭めてしまうのは、非常にもったいないです。

10人の人がいたとして、同じスペックの人なんてどれほどの人がいるのでしょう。また、同じスペックの人がいたとして、その人と性格があうか、好きになれるか、結婚しても大丈夫か…なんてわからないものなのですから。

スペックは確かに自分を表す大切なものではあります。大人になって社会にでると、例えば「資格」なんていうものは、目に見える形として大事に見えますよね。確かに大事なものなのですが、恋愛に資格なんていうものはありません。自分と相手が好きになれば、それだけで成立することなのです。ネガティブになっている人は、特にそのことを意識しましょう。相手はあなたのスペックではなく、あなたの中身に惚れたのです。そう考えると、スペックが低い自分なんて…と思う必要はありませんね。むしろ誇るべきことなのです。そういう人を探しましょう。

そこから結婚を考えるとなると、話は少し変わってくるかもしれません。ですが収入が気になっているのであれば転職を考えたり、いろいろな手はあります。

自分が気になっていても親に反対されて…などという人もいるでしょう。結婚相手はこういう人にしなさいと注文を付けてくる人もいるはずです。ですが、あなたは立派に自立した大人。いくらでも変えることも変わることもできるのですから、今この時反対されたとしても、後で納得がいくような結果が出せればいいのです。

勇気を出して、「自分」という同じくらいの世界から、足を踏み出してみましょう。

 

そもそもの婚活方法を見直す

婚活方法を見直す

婚活の方法は、いつも同じ方法になっていませんか?「ネットで出会った人なんてちょっと信用できなくて、ネットを介しての婚活なんてできない…」そう思って婚活の方法を自分で絞ってしまっている人もいるでしょう。このことの何がもったいないかというと、単純に、出会いの幅が狭くなってしまうことです。

例えば忙しいけれどネットを介するのは怖いという人は、婚活パーティや合コンにいくことでしょう。ですが、なかなか日付があわず、そもそも婚活をする回数が少なくなってしまいます。

今の時代、婚活をする方法はたくさんあります。例えば婚活を推奨している企業が出しているアプリや、ゲームやアニメ好きな人が婚活のために登録をするサイト。このように、同じ趣味の人と婚活ができるような時代にもなっているのです。

折角婚活の幅が昔よりもずっと増えているのですから、これを使わない手はないでしょう。たまにはいつもやっている婚活とは違う婚活をしてみると、気持ちのリフレッシュにもなりますし、自分にあった婚活方法もわかります。

まずは出会ってみなければ何もはじまらないのですから、出会いの幅を増やしてみましょう。いつもとは違う層と出会うことによって、得られることもあることでしょう。思いもよらない出会いなどの収穫がありますし、また、新しくやったものが自分に合わないものだった場合でも、自分が今までやっていた婚活の楽しさに気づくこともできます。新しいことを始めるのは、「発見」をするチャンスでもあるのです。

ただし、ネットを介す方法は確かに危険も伴う場合があります。そういった情報の見極め方を学んだうえで、利用するようにしましょう。

 

婚活がうまくいかず疲れた時 まとめ

いかがでしたか?見直してみたら、「勿体ない」ことはたくさんあります。この「勿体ない」が、余計自分の首を絞めて、婚活に疲れていた原因の一つでしょう。

考え方を見直すだけで、今までは疲れて辛かった婚活も、ぐっと前向きになれます。
今から行う婚活が楽しいものになるよう、今までの自分を振り返ることは、とても大切なことです。より魅力的になった自分で、新しい婚活をスタートさせましょう!

 

【必見】30代から幸せな結婚をつかむ2つの方法

リス子(30)
30代から婚活始めたんですが全然良い出会いが無いんです(泣)
30代から婚活をはじめたなんて遅い!遅すぎる!30代から結婚できるのはわずか数%とも言われてるんじゃぞ!
パンダ師匠
リス子(30)
もう私は幸せな結婚はできないんでしょうか…?
安心せい!これから多くの30代が幸せな結婚をした2つの方法を伝授する。
パンダ師匠
リス子(30)
ぜひ教えてください!
この記事を読むんじゃ。5分で読める内容だからしっかり学ぶんじゃぞ。
パンダ師匠
 

>> 多くの30代が幸せな結婚をした2つの方法 <<

スポンサーリンク




スポンサーリンク




【厳選】人気のおすすめ記事

1

主な登場人物 パンダ師匠 30代からの婚活道場『がけっぷち婚活道場』の師範。婚活を成功させるために婚活に対する心構えからテクニックまで教えている。自分自身も35歳から慌てて婚活をはじめて苦労した経験が ...

街コンでモテナイ 2

婚活より少し気軽な参加者が多い街コン。街コンは婚活パーティーと違っていろんな目的の人が混ざってきます。「結婚相手探し!」という婚活感覚で挑むと、場違いな感じにもなり兼ねませんよね。 そんな気軽な出会い ...

若い女性をもとめる男性 3

30代も後半になると、男性も女性も婚活で苦戦を強いられます。女性は自分の年齢を自覚し、厳しさを認識している人が多いですが、男性はどうでしょうか。 「男の30代なんてまだまだイケる」そんなふうに思っては ...

婚活疲れた 4

「婚活に疲れた…」 主な原因は結果が出ないことです。 どれだけお金と時間を使っても結婚どころか交際にも結びつかない。私も3年間の婚活で総額200万円以上つかったのでその気持よくわかります。婚活サイトに ...

婚活連絡頻度 5

婚活で女性と連絡先を交換できたら、とても嬉しいですよね。 まして、その女性が自分の好みの女性であればあるほど、喜びも大きいものです。けれど、同時に不安にもなりますよね。 「連絡しすぎてウザイと思われた ...

-婚活疲れ
-,

Copyright© がけっぷち婚活道場 , 2017 All Rights Reserved.