婚活の進め方

「子供が欲しいから若い女性と結婚したい」というアラフォー男性が知っておくべきこと

更新日:

30代も後半になると、男性も女性も婚活で苦戦を強いられます。女性は自分の年齢を自覚し、厳しさを認識している人が多いですが、男性はどうでしょうか。

「男の30代なんてまだまだイケる」そんなふうに思ってはいませんか?無謀にも20代の女性を狙ったりしてはいませんか?

そんな余裕を持っているアラフォー男性に問いたいことがあります。自分が女性に求めているものを、あなたは持っていますか。

今回はアラフォー男性が婚活で若い女性を求めるときに知っておくべきことについてご紹介いたします。

 

つい求めてしまう女性の若さ

若い女性を追い求める

婚活で男性が女性に求めているものは何でしょうか。
初対面ではどうしても容姿や年齢に目が行ってしまいますよね。

目が行ってしまうだけならまだいいのですが、こだわり過ぎてはいないでしょうか?

「何だか写真よりもオバサンくさいなぁ」
「よく見ると、顔にシワやシミが……」
「やっぱり10歳くらい年下でないと、若さを感じられない……」

写真の印象が良かったりすると、尚のことそう思ってしまうこともあるでしょう。

でも逆を返せば、アラフォー男性のあなたも大概は同じことを思われているのです。

「何か思ってたよりもオジサン!」
「顔が脂ギッシュ」
「何だか臭う……加齢臭!?」

上記3点は、少しでも油断すると現れる症状なのでお気をつけください。

30代後半にもなれば、男女ともに中年の雰囲気が漂ってしまうのは仕方のないことです。
大切なのは、少しでも若く見えるように努力をすることです。

女性は大半の人が努力をし続けます。
それはやっぱり少しでも若く見せたいからです。それは婚活とは関係なく、女性の本能的なものです。
無意識のうちに女性は自分をよく見せる努力をしているのです。

しかし男性にはその努力をし続ける人が少ないのです。
仕事で正確さを求められることはあっても、若さを求められることなどないからでしょう。
でも少しでも若い女性と結婚したいのなら、男性も釣り合うための努力が必要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




 

どうして男性は女性の若さにこだわってしまうのか

男性がこだわる女性の若さとは見た目だけではありません。

女性の「実年齢」の若さにこだわっている男性の実に多いこと……。
それはなぜでしょうか。

これは男性の本能ともいえる「生殖」と関係しているようです。女性だけではなく、男性も「結婚したら子供がほしい」そう願っている人が大半だからでしょう。

「女性の妊娠適齢期は35歳まで」

そう思い込み、年齢制限をつけている男性は非常に多いです。
確かに女性の妊娠率は35歳を境に低下していきます。

加えて「卵子の老化」の衝撃など、女性にばかり不利な「妊娠の常識」が世間に浸透してしまいました。

では男性の年齢は妊娠に全く関係がないのでしょうか?

男性でも40歳から確実に妊娠率が下がっていく

以下は年齢別にみた、排卵と妊娠率の関係を表したグラフです。
注目していただきたいのは一番右、女性年齢35〜39歳です。

 

出典:プレジデントオンライン「キャリア女性が直面する「不妊」というガラスの天井」より

 

実線のグラフが「男性と女性が同年齢」、点線のグラフが「男性が女性より5歳年上」を示すものです。
女性が35〜39歳の5歳年上というと、男性は40歳〜44歳ということになります。

女性が35〜39歳でも、同年齢の男性であれば妊娠率は30%近くありますが、男性が5歳年上の40歳〜44歳になると妊娠率はガクッと下がり、20%以下になってしまいます。

データからも妊娠率に男性の年齢が大きく関わっていることがおわかりいただけると思います。
不妊の原因は女性の年齢ばかりにあるとは決して言えないのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




 

不妊の原因は男性にもある

不妊の原因は男性にも有る

男性の年齢が妊娠率に関係していることはおわかりいただけたと思います。

しかし不妊の原因は年齢だけではありません。

そもそも男性側に問題がある場合も多く、不妊の原因は「男女半々」と言われているのです。
男性不妊の場合は、無精子症、乏精子症、精子無力症、精索静脈瘤などが原因としてあげられます。

「半分は男性側の問題!?」

独身男性からしたら驚きの事実ではないでしょうか。

「男性不妊の検査をしたことがありますか?」
と問われて「ある」と答える男性はほとんどいないでしょう。

それくらいに男性は妊娠に無自覚で、妊娠は女性がするものと思っているのです。
30代後半以降で子供が欲しいと思うのなら、多少は妊娠や不妊治療について知っておくことが大切です。

何も知らずに女性にばかり負担を強いてはいけないのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




 

「求めてばかり」では結婚生活はうまくいかない

求めてばかりでは結婚はだめ

結婚の目的とはなんでしょうか。
さまざまな価値観があるとは思いますが、子供うんぬんの前に「人生をともに歩みたい」と思える人を見つけることが何より大切ではないでしょうか。

子供は絶対に授かれる保証などありません。それは20代の女性と結婚したとしても同じです。
もしかしたら男性不妊の可能性だってあるかもしれません。
調べても不妊原因がわからないことだってあります。

どちらに原因があるかわからないことを相手にばかり求めるのは、おかしいことだと思いませんか?
どう転ぶかわからないことを憂いている間に時間はどんどん過ぎて、誰もが年を取っていきます。

「親に孫の顔を見せたい」「親を安心させたい」
よく聞く言葉ですし、気持ちはとてもわかります。

でも結婚は親のためにするものではありません。
あなたが幸せになるためにするものです。

あなたが主体になるべきところが「親」が主体になってしまうと、「妻」を置き去りにした結婚になってしまうのです。
親が求めることを妻に求めてしまう……。
そんな結婚がうまくいくでしょうか?

いかなるときも結婚の主役は「夫と妻」なのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




 

まとめ

あなたが結婚相手に与えてあげられることはなんでしょうか。
経済力、包容力、安心感……。男性だって求められてばかりでは苦しいですよね。
女性も同じ気持ちです。

人生には思わぬことが降りかかるものです。

運よく子供を授かれたとしても、別な困難が降りかかるかもしれません。その都度、パートナーと協力して乗り越えていくのが結婚生活です。

人生をともに歩みたい、この人となら困難があっても乗り越えていける。そんな女性を見つけたいものです。

人生経験豊富な女性ならば心強く、一緒に乗り越えていけることでしょう。そこには若さには換えられない力強さがあるのです。

子供が自立すれば、また夫婦ふたりの生活です。些細な日常の生活を一緒に楽しめる女性こそ、最良のパートナーと言えるのではないでしょうか。

 

【必見】30代から幸せな結婚をつかむ2つの方法

リス子(30)
30代から婚活始めたんですが全然良い出会いが無いんです(泣)
30代から婚活をはじめたなんて遅い!遅すぎる!30代から結婚できるのはわずか数%とも言われてるんじゃぞ!
パンダ師匠
リス子(30)
もう私は幸せな結婚はできないんでしょうか…?
安心せい!これから多くの30代が幸せな結婚をした2つの方法を伝授する。
パンダ師匠
リス子(30)
ぜひ教えてください!
この記事を読むんじゃ。5分で読める内容だからしっかり学ぶんじゃぞ。
パンダ師匠
 

>> 多くの30代が幸せな結婚をした2つの方法 <<

スポンサーリンク




スポンサーリンク




【厳選】人気のおすすめ記事

1

主な登場人物 パンダ師匠 30代からの婚活道場『がけっぷち婚活道場』の師範。婚活を成功させるために婚活に対する心構えからテクニックまで教えている。自分自身も35歳から慌てて婚活をはじめて苦労した経験が ...

街コンでモテナイ 2

婚活より少し気軽な参加者が多い街コン。街コンは婚活パーティーと違っていろんな目的の人が混ざってきます。「結婚相手探し!」という婚活感覚で挑むと、場違いな感じにもなり兼ねませんよね。 そんな気軽な出会い ...

若い女性をもとめる男性 3

30代も後半になると、男性も女性も婚活で苦戦を強いられます。女性は自分の年齢を自覚し、厳しさを認識している人が多いですが、男性はどうでしょうか。 「男の30代なんてまだまだイケる」そんなふうに思っては ...

婚活疲れた 4

「婚活に疲れた…」 主な原因は結果が出ないことです。 どれだけお金と時間を使っても結婚どころか交際にも結びつかない。私も3年間の婚活で総額200万円以上つかったのでその気持よくわかります。婚活サイトに ...

婚活連絡頻度 5

婚活で女性と連絡先を交換できたら、とても嬉しいですよね。 まして、その女性が自分の好みの女性であればあるほど、喜びも大きいものです。けれど、同時に不安にもなりますよね。 「連絡しすぎてウザイと思われた ...

-婚活の進め方
-, , ,

Copyright© がけっぷち婚活道場 , 2017 All Rights Reserved.