婚活の心得

結婚にかかる費用ってどのくらい?婚約から新生活までにかかる費用を算出

投稿日:

結婚ってお金がかかるイメージありますよね。

実際に婚約が決まって結婚に関する費用を調べてみるといろんな費用がかかることがわかります。

婚活中の方も事前にどのくらい費用がかかるかを知っておかないと、婚約後もめてしまうことも。

いきなりお金でもめないように結婚にどのくらい費用がかかるのか把握しておきましょう。

もちろんこれは結婚に関するイベントをすべて行って平均的な額で算出しています。

2人で話し合ってもっと抑えることや、そもそも「派手は披露宴は行わない」や「豪華な婚約指輪は買わない」といった選択も最近は増えてます。

ぜひ参考までにご覧になって下さい。

 

その1:「結納」や「顔合わせ」に関する費用

結納にかかる費用

結婚が決まると両家両親との顔合わせがあります。昔は形式に基づいて結納がおこなわれていました。しかし今はほとんどのカップルが結納をせずに顔合わせを兼ねた食事会をおこなっています。

顔合わせは料亭やホテルの個室などでおこなうことが多いです。結納プランを用意しているところも増えているので、確認して予約をすると良いでしょう。

ここでかかる費用は、顔合わせの場合は食事代のみです。相場は大人の人数×1万円ほどです。

一般的には男性側の両親が支払いをします。結納では男性の家が女性の家に多くお金を納めていたという風習が残っているのでしょう。

ただ本人たちで支払う場合もありますので、事前に相手に確認しておくとよいですね。

スポンサーリンク




 

その2:結婚式・披露宴で必要なのは200万円前後

結婚式

結婚するのに最も費用が必要となるのが、結婚式です。中には、結婚式をしない選択をする人もいるでしょう。しかし結婚式は今まで支えてくれた人たちに感謝を伝える日です。2人の門出、そしてけじめにもなります。貯金して結婚式を挙げることをおすすめします。

結婚式費用の相場は400万円

結婚式費用の相場は400万円です。ただあくまで相場であり、結婚式場によって見積もりの金額は大きく異なります。節約したい人はいくつかの結婚式場の下見に行き、見積もりを出してもらうと良いでしょう。

結婚式費用はさまざまなプランから、セレクトして組み合わせていきます。

  • 料理・ドリンク・ケーキ
  • 衣裳
  • 装花
  • 写真・ビデオ
  • 引出物
  • 招待状・席次表・席札

必要なアイテムはたくさんあります。何を選ぶかによっても費用は異なります。手作りをして節約することも可能です。

自分たちの結婚式での予算を設定し、その範囲内でできる結婚式場を選びましょう。そして節約できるところは、頑張って費用削減に努めてください。

ご祝儀での還元も考慮する

結婚費用の相場は400万円ですが、400万円すべてを自費負担する必要はありません。結婚式はご祝儀制です。ご祝儀相場は1人3万円です。仮に80名の招待者がいれば、240万円はご祝儀で還元されるのです。

ご祝儀分を差し引きすると、160万円貯金があれば結婚式ができるということです。ただ見積もり費用以外にも、遠方からの招待客には交通費やホテル代を用意します。また装飾やアクセサリーを購入することもあります。

その他の出費なども含めて200万円ほどを想定しておくと良いでしょう。

 

スポンサーリンク




 

その3:婚約指輪と結婚指輪で50万円前後

結婚指輪

結婚に欠かせないアイテムといえば、指輪ですよね。指輪にはどれほどの費用がかかるものなのでしょうか。

婚約指輪

基本的には男性が購入する指輪です。プロポーズのときに用意しているイメージがありますよね。昔は「婚約指輪は給料の3ヶ月分」なんて言われていました。しかし今は給料の1ヶ月分が相場です。

金額にすると約30万円前後です。男性が女性に購入するものなので、男性の貯金で30万円用意する必要があります。

結婚指輪

結婚指輪はピンキリですが、相場は2人で30万円ほどです。毎日身に付けるものなので、ダイヤなどの入っていないシンプルなものを購入する人が多いです。ブランドに強くこだわりがなければ、2人で10万円でも良いものが多数あります。オリジナルの指輪を探してみると良いでしょう。

 

その4:ブライダルエステの相場は8万円

結婚式前に花嫁が通うブライダルエステの相場は8万円です。必ず行くものではないですが、花嫁であれば行きたい場所ですよね。

平均費用は8万円ですが、実際は2万円コースと10万円以上のコースとで価格に大きな差があります。

2万円コースというのはブライダルエステの最短コースです。結婚式の直前に必要最低限の内容のみするコースです。1〜2回のみですが、効果も高く人気があります。

10万円以上のコースは3ヶ月ほど前から定期的に通うコースです。10回以上通うので、体型や肌質を改善できる効果があります。時間やお金に余裕のある人が選ぶコースです。

どちらのコースでも行くことで、花嫁の気分を高めることができます。また当日少しでも自分に自信をつけてドレスを着ることができるでしょう。結婚資金として2〜3万円はエステに用意しておきましょう。

 

その5:ハネムーンに必要なのは30万円

ハネムーン

ハネムーンは行き先によっても費用は大きく異なります。日本国内であれば10万円以内で収まるでしょう。海外の場合は最低でも20万円はかかります。

人気のあるハネムーンの行き先と費用相場は以下のような場所です。

  • 沖縄 10万円前後
  • グアム 20万円前後
  • ハワイ 30万円前後
  • ヨーロッパ 50万円前後
  • イタリア 50万円前後

この旅費に加えて、お土産なども購入するとプラス10万円は考慮した方が良いでしょう。そうなるとハネムーンで必要になるお金は最低でも30万円ほどです。

 

スポンサーリンク




 

その6:新生活資金として100万円は用意するべき

ライフスタイル

結婚式とハネムーンを終えると、いよいよ新婚生活のスタートとなります。ここで一気に現実に引き戻されるわけですね。しかし結婚生活は夢ではなく現実です。新生活が始まる時に無一文になっていては、本末転倒です。

最初は賃貸からスタートするカップルは9割ほどです。しかし賃貸でも引っ越し費用や敷金礼金、それに家具家電もある程度そろえていく必要があります。そうなると50万円ほど必要になるでしょう。

さらに細々とした出費も考慮すると、新生活を迎える時点で100万円あると安心して暮らしていけます。

 

その7:今後の生活スタイルによっても貯金は変わる

結婚した後の夫婦の生活スタイルによっても、結婚前に必要な貯金は変わってきます。結婚後にどのような生活スタイルを選択するのか。また子供ができた時など、ライフスタイルの変化に合わせてどのように対応していくのかも事前に話し合っておくと良いでしょう。

結婚しても出産しても共働きを続けるという場合。新生活をスタートする時に貯金がゼロになってしまっても、ゼロからまた2人で貯金を始めることができます。気持ち新たに目標貯金額を設定して頑張るのも夫婦の形でしょう。

しかし結婚して専業主婦になる場合。新生活をスタートする時にまとまった貯金がないと生活が苦しくなってしまいます。生活自体が問題なくても、貯金できないようでは子供ができたときに赤字になってしまいます。

何を選択するのが幸せな夫婦、家族の形になるのかを相談してみてください。

 

まとめ:2人合わせて400万円以上を目標にする

ここまで結婚するのに必要な費用を項目別に紹介してきました。これらを合算させると、2人合わせて必要となる貯金は400万円です。

もちろんこれは相場であり、人によっては半分に抑えられる人もいます。反対に倍ほどかかる人もいるでしょう。お金をかければ良い結婚ができるというわけではありません。逆にお金がなくても幸せになれる人もいます。

 

 

入籍だけならお金は1円もかかりません。

どんなプランが良いのかしっかりイメージしておきましょう。







【必見】30代からの婚活手法紹介!

 30代向けオススメ婚活手法をご紹介。

パンダ師匠
30代は気軽な若者が恋活するようなところにいっちゃダメだぞ

結婚を真剣に考える30代向けに3つのサービスをご紹介します。婚活サービスに総額300万円以上使ってきた管理人が婚活中の30代へ自信をもってオススメするサービスです。登録・診断・相談全て無料の婚活サービスですよ。

ゼクシィ縁結び【価値観診断】

ゼクシィ縁結び

大人気の婚活サイト「ゼクシィ縁結び」。ゼクシィブランドとTVCM効果もあり結婚適齢期の女性が多く登録しています。結婚を前提とした「婚活サイト」だけあって登録している男女はみなさん結婚を考えている落ち着いた方ばかり。
30代からの婚活サイトは「ゼクシィ縁結び」がオススメNo.1です。メルアドで無料登録ができ、どんな人が登録しているのか閲覧可能。また自分の価値観がわかる「価値観診断」も無料で行っています。診断後は自分の価値観に合った異性を毎日紹介してくれるサービスもついてます。

無料登録!無料で基本機能がつかえます。
価値観診断も実施中

ゼクシィ縁結び公式サイト

楽天オーネット【結婚力診断】

婚活中の30代なら一度は受けたい「楽天オーネット(O-net)の結婚力診断」自社会員数が48,436人(2017年)から自分の条件・希望の合った人はどんな人がいるのかを調べてくれます。なんと無料!わずか数分で行える無料の診断です。自分の理想が高すぎないのか、自分の条件を希望してくれる人がいるのか、調べることができますのでお気軽に受けてみて下さい。

無料の結婚力診断実施中!
無料で自分に条件に合うお相手候補のプロフィールが分かります。
詳細:無料“結婚力”診断テストでご確認ください。

パートナーエージェント【無料相談】

管理人も実際に登録・活動していた結婚相談所パートナーエージェント。独自のコーチングメソッドやPDCAサイクル・分析ツールをつかってさまざまな角度からアドバイスをしてくれます。婚活に悩んでいる30代は一度無料相談に行ってみましょう。私は目からウロコのアドバイスが貰えました。

パートナーエージェント無料相談!
独自のコーチングメソッドやPDCAサイクル手法を用いたアドバイスを実施中。
詳細:パートナーエージェント公式サイトでご確認ください。

【厳選】人気のおすすめ記事

1

パンダ師匠30歳過ぎてから婚活開始とは遅い! 20代は仕事が楽しかったから…。気がついたら良い男全員結婚してて(泣)リス子(30) パンダ師匠安心せい!多くの人が成功した「幸せな結婚ができた2つの方法 ...

街コンでモテナイ 2

婚活より少し気軽な参加者が多い街コン。街コンは婚活パーティーと違っていろんな目的の人が混ざってきます。「結婚相手探し!」という婚活感覚で挑むと、場違いな感じにもなり兼ねませんよね。 そんな気軽な出会い ...

若い女性をもとめる男性 3

30代も後半になると、男性も女性も婚活で苦戦を強いられます。女性は自分の年齢を自覚し、厳しさを認識している人が多いですが、男性はどうでしょうか。 「男の30代なんてまだまだイケる」そんなふうに思っては ...

婚活疲れた 4

「婚活に疲れた…」 主な原因は結果が出ないことです。 どれだけお金と時間を使っても結婚どころか交際にも結びつかない。私も3年間の婚活で総額200万円以上つかったのでその気持よくわかります。婚活サイトに ...

婚活連絡頻度 5

婚活で女性と連絡先を交換できたら、とても嬉しいですよね。 まして、その女性が自分の好みの女性であればあるほど、喜びも大きいものです。けれど、同時に不安にもなりますよね。 「連絡しすぎてウザイと思われた ...

-婚活の心得
-, ,

Copyright© がけっぷち婚活道場 , 2018 All Rights Reserved.