相手への条件

理想が高くなっている?結婚相手の条件を見直す考え方とその方法

更新日:

「普通の男性でいいのに、なかなか見つからない…」婚活が難航している女性からよく聞くセリフです。

結婚相手の条件はひとそれぞれです。何を重視するかはもちろん自由です。でも「普通」とはすごくあいまいで、抽象的すぎるのではないでしょうか。

希望条件があいまいだと、いつの間にか高望みになってしまうことがあります。そして「ここがダメ」「ここがイヤ」とダメ出しばかりしてしまうことになるのです。

結婚相手の条件で「何が大切で何がダメなのか」をしっかりと見極めていますか?

ここでは、少しでも早く結婚を引き寄せるために、具体的で現実的な条件に見直す方法をお伝えします。

いつの間にか年収の希望額が高くなっている

いつの間にか希望が高くなっている

特に陥りやすいのが「年収に対する希望」です。
少なくとも自分よりは高い年収でなければ、と思い込んでいませんか?

30代まで仕事をバリバリ頑張ってきた女性の中には男性よりも評価が高くて、収入も少しずつ上がってきた人も多いのではないでしょうか。

そうです。30代女性は男性よりも収入が多いことが少なからずあるのです。

それにもかかわらず、自分より収入が多い男性を望むと、ふるい落とされてしまう男性が数多く出てきてしまうのです。

もしかしたら、その中に運命の人がいるかもしれない…。知らぬ間に自分でふるい落としているのかもしれない…。

そう思うと、年収にこだわりすぎるのはもったいないことだと思いませんか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク




 

30代の結婚の基本は「共働き」

そもそもなぜ、高い年収が必要なのでしょうか?
もしかしたら、専業主婦になることが前提になってはいませんか?

男性にばかり収入を求めるのは、今の不安定な雇用時代には大きなリスクとなります。
いくら年収が高い男性と結婚したとしても、数年後にリストラされてしまうことだってあり得るのです。

病気や入院で長く働けない状態になってしまうことだってあり得ます。

そんなときに何が助けになるのか…。

失業保険や医療保険もありますが、それが助けになるのは一時的なことです。

何よりも頼りになるのは、妻となる「あなたの収入」なのです。
収入が途切れないことは、大変なときにでも家族の支えとなってくれます。

夫婦で働き続け、世帯年収を上げていくことこそ、賢い選択と言えるのです。

 

何より大切な条件は「性格や価値観」

大事なの中身

夫婦はもともとは他人同士です。
他人だったふたりが、結婚して一緒に暮らしていくわけですから、何よりも「相性」が良くなくてはうまくいきません。

「相性」といっても何も難しいことではありません。生活は小さなことの積み重ね、同じことの繰り返しです。それがこれから先、何十年も続いていくのです。

その中でお互いが居心地よく、ケンカをしないで、仲良く暮らせるかが「鍵」になります。

そして、これがいちばん大切にすべき「条件」とも言えるのです。

例をあげて見ていきましょう。

価値観

いろいろな価値観がありますが、簡単に確認できるのは、「一緒にテレビを見ていて同じ場面で笑える」かどうかです。コメディ映画やお笑いライブでもいいですよ。

些細なことですが、バカにしてはいけません。
「一緒に笑い合える」というのはとても大切なことです。
笑いのツボや共感できるポイントが多いと、笑いの絶えない楽しい家庭になります。

笑顔のない家庭は、照明はついていても、家の中がどんより曇っているような空気が漂います。お互いの笑顔が家庭の灯りとなってくれるのです。

そして、笑顔があれば多少の困難は乗り越えていけるのです。

性格

性格は似た者同士でもいいですが、必ずしもそれがいいとは限りません。

どちらかが落ち込んだり、クヨクヨしやすい性格でも、どちらかがポジティブ思考だとマイナススパイラルから救い出してくれます。

無鉄砲ですぐ行動してしまう人なら、慎重派で石橋を叩いて渡るパートナーの方が、家庭の危機を救ってくれるでしょう。

金銭感覚

金銭感覚はあまりにかけ離れていると、必ずケンカになります。浪費家と節約家の夫婦ではうまくいきません。どちらかが妥協や我慢をしなくては成り立たないからです。
金銭感覚は近い方がベストと言えるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




 

結婚相手の条件の整理

結婚相手の条件の整理

これらは一例ですので、自分にとって何が大切なのかをよく考えてみてください。

条件を付箋に書き出してリスト化し、優先順位をつけながら考えていくと整理しやすいですよ。婚活専用ノートを作っておくと便利です。

あまり条件だらけになると、該当する男性がいなくなってしまいますから、ほどほどに条件を整理してくださいね。

 

結婚相手の条件を「客観的」に見直す方法

結婚相手の条件は具体的になりましたか?
具体的になってきたら、次に見直しをしていきますが、自分の条件を客観的にみること、高望みになっていないかの判断はなかなか難しいですよね。

自分ひとりでモンモンと考え続けるよりも、ここは信頼できる女友達に委ねてみてはどうでしょうか?

ポイントは「既婚者」にお願いすることです。
付き合いが長く、過去のあなたの恋愛を知っている人だと尚良いですね。

既婚者だとお金関係のリアルなアドバイスをもらえる

結婚生活でやっぱり気になるのは「お金」のことではないでしょうか。
これから先、どのくらいのお金がかかっていくのか、さっぱりわかりませんよね。

実際に結婚生活をしている既婚者だと、お金に関するリアルな話を聞くことができます。
結婚後のお金について、漠然としていた不安がクリアになり、どこに気をつけるべきかポイントが見えてきます。

ただし具体的な年収額や、家の物件価格を聞くことはやめておきましょう。

 

【確認しておくと参考になること】

  • 結婚式、新婚旅行の資金について
  • 新生活スタートにかかった金額
  • 家を買うのに想定した方がいい金額
  • 子供に月々かかるお金
  • 月々の収入が最低いくらないと生活できないか

特に「月々の収入が最低いくらないと生活できないか」は、世帯年収でいくらを目指せばいいかの参考になります。

既婚者の悩みやグチは参考になる

もし、話を聞いていく中で結婚生活の悩みやグチが出てきたら、よく話を聞いてみてください。
それに共感し、あなたも「イヤだな」と思うことが出てきたら、それは避けた方がいいポイントです。

例えば「お小遣いを前借りする」「お小遣いが足りなくなるとカードローンを使ってしまう」「遠慮なくオナラをする」どれもイヤでしょうが、家計としてダメージを受けるのは「お小遣いが足りなくなるとカードローンを使ってしまう」ことです。

他のふたつもイヤと言えばイヤですが、妥協できる範囲のはずです。

あれもこれも避けていては、誰もいなくなってしまいますから、既婚者の悩みやグチから「これだけは譲れない」という条件を学んで選び取りましょう。

アドバイスは素直に受け入れる

付き合いが長い友達だと、ちょっときついアドバイスを受けることもあるかもしれません。
でもそれにイチイチ反論してはいけません。

ここで大切なのは「自分の意見を正当化しないこと」です。

自分の意見を正当化してばかりでは「主観的」な目線から抜け出すことはできません。
とにかく自分を「客観的」に見つめ直すチャンスを生かしてください。

相手は「結婚の先輩」です。
思わぬ指摘は素直に受け入れ、相手の悩みやグチは反面教師にする。
それぐらいのハングリー精神で、今後の婚活に臨んでいきましょう。

そして何よりも、相手があなたのために時間を割いてアドバイスをしてくれているということも忘れないでくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




 

まとめ

いろんな人の話を聞きながら、「自分にとって大切な条件」を見極めていきましょう。

婚活ノートはこまめに見直し、整理するクセをつけておくと、頭の中もすっきりします。

後は行動あるのみです。
男性に出会うなかで「やっぱりこっちの条件が大切」ということが出てきたら、優先順位を見直しながら、臨機応変に婚活を続けていきましょう。

そして、時には「大切な条件」以外は目をつぶることも必要です。
相手に欠点があれば、あなたにも欠点があるのです。

「お互いさま」の気持ちを忘れずに、謙虚な姿勢でいれば、今までとは違った婚活ができるはずです。

 

【必見】30代から幸せな結婚をつかむ2つの方法

リス子(30)
30代から婚活始めたんですが全然良い出会いが無いんです(泣)
30代から婚活をはじめたなんて遅い!遅すぎる!30代から結婚できるのはわずか数%とも言われてるんじゃぞ!
パンダ師匠
リス子(30)
もう私は幸せな結婚はできないんでしょうか…?
安心せい!これから多くの30代が幸せな結婚をした2つの方法を伝授する。
パンダ師匠
リス子(30)
ぜひ教えてください!
この記事を読むんじゃ。5分で読める内容だからしっかり学ぶんじゃぞ。
パンダ師匠
 

>> 多くの30代が幸せな結婚をした2つの方法 <<

スポンサーリンク




スポンサーリンク




【厳選】人気のおすすめ記事

1

主な登場人物 パンダ師匠 30代からの婚活道場『がけっぷち婚活道場』の師範。婚活を成功させるために婚活に対する心構えからテクニックまで教えている。自分自身も35歳から慌てて婚活をはじめて苦労した経験が ...

街コンでモテナイ 2

婚活より少し気軽な参加者が多い街コン。街コンは婚活パーティーと違っていろんな目的の人が混ざってきます。「結婚相手探し!」という婚活感覚で挑むと、場違いな感じにもなり兼ねませんよね。 そんな気軽な出会い ...

若い女性をもとめる男性 3

30代も後半になると、男性も女性も婚活で苦戦を強いられます。女性は自分の年齢を自覚し、厳しさを認識している人が多いですが、男性はどうでしょうか。 「男の30代なんてまだまだイケる」そんなふうに思っては ...

婚活疲れた 4

「婚活に疲れた…」 主な原因は結果が出ないことです。 どれだけお金と時間を使っても結婚どころか交際にも結びつかない。私も3年間の婚活で総額200万円以上つかったのでその気持よくわかります。婚活サイトに ...

婚活連絡頻度 5

婚活で女性と連絡先を交換できたら、とても嬉しいですよね。 まして、その女性が自分の好みの女性であればあるほど、喜びも大きいものです。けれど、同時に不安にもなりますよね。 「連絡しすぎてウザイと思われた ...

-相手への条件
-, ,

Copyright© がけっぷち婚活道場 , 2017 All Rights Reserved.